和歌山県和歌山市の皮膚科、こやま皮膚科。一般皮膚科・アレルギーに対応。

一般皮膚科
医院紹介
一般皮膚科
アレルギー科
化粧品
診療時間・地図

診療内容

一般皮膚科では、にきび・いぼ・水虫・とびひなどの皮膚に関する症例について、基本的に保険診療を行っています。その代表的な症例について、症例別に原因や治療法についてご紹介します。

主な対応症例

にきび

にきびは顔面など脂漏部位に好発する毛包脂腺系の炎症疾患です。
毛穴の出口がつまること、皮脂の分泌が増加すること、毛穴の中の細菌が増殖することがにきびの原因と考えられています。
にきびは進行性の病気です。進行性とは症状が悪化していく可能性があるということです。にきびを放っておくと、赤みが取れなくなったり、色素沈着による茶色っぽいシミが残ったり、あるいは皮膚がでこぼこになって硬くなってしまうなどの「にきび痕」に進んでしまう可能性があります。
ですので、お悩みにならずにまずは来院して治療を受けてください。
にきびは主に内服あるいは外用の抗生物質を用いて治療します。
 

いぼ

いぼと呼ばれるものは、皮膚の表面から盛り上がる小さなできもの全般に対して用いられる俗称です。その多くは、ウィルス感染によるもので、色々な治療法がありますが、患者さん一人一人の症状にあわせて治療を行っていきます。主な治療法としては、飲み薬やぬり薬を用いて治療を行っています。
 

水虫

水虫は白癬菌と呼ばれるカビの一種が原因で、皮膚の一番外側の角層に感染して水虫を起こします。
水虫の治療は、薬によるものも大切ですが、日々の生活で患部を清潔に保つことも大きく作用します。市販薬を使ってもよくならないなどといった時には、是非、来院頂き薬の処方とアドバイスを受けて下さい。
 

とびひ

とびひは、夏の蒸し暑い頃、多くは1〜5歳くらいの幼児に起こります。
初めは赤い斑点ができ、まもなくその上にかゆみのある水疱・膿疱が全身いたるところにできます。そのうちそれが破れて、ジクジクしたり、黄褐色の厚いかさぶたができます。
これは、ブドウ球菌と連鎖球菌という化膿菌が原因で、水疱の中には無数の菌がいて、それを掻くことにより菌が飛び散り症状が広がる場合もあります。
とびひの治療には、抗生物質やかゆみ止めの薬で治療します。また、患部には抗菌剤の軟膏をガーゼにのばして貼り付け周囲に広がらないように対処します。
 

円形脱毛症

円形脱毛症は、普通は痛みやかゆみを感じることなく円形あるいは楕円形に頭の毛が抜けてクッキリと地肌が見える症状で、男性、女性を問わず、0歳の赤ちゃんから80歳のお年寄りまで起こり得ます。

円形脱毛症は、本来、体には細菌などの菌などの外敵から身を守る機能がありますが、この機能が何らかの理由により自分自身の体を外敵と間違えて機能してしまい、毛を作り出せないようにしてうのではないかと考えられています。

円形脱毛症の治療には、ぬり薬などの外用薬や抗アレルギー剤などの内服薬を処方しています。

 
▲TOPに戻る
こやま皮膚科トップ医院紹介一般皮膚科アレルギー科
化粧品診療時間・地図

Copyright (C) 2006 こやま皮膚科 All Rights Reserved.

こやま皮膚科
和歌山県和歌山市匠町29小山ビル2階
TEL:073-431-1155

一般皮膚科、アレルギー、などに対応