和歌山県和歌山市の皮膚科、こやま皮膚科。一般皮膚科・アレルギーに対応。

一般皮膚科
医院紹介
一般皮膚科
アレルギー科
化粧品
診療時間・地図

診療内容

アレルギー科では、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギーに関する症例について、基本的に保険診療を行っています。以下に、アレルギーのご紹介とその代表的な症例のアトピー性皮膚炎についてご紹介します。

アレルギーとは

人間には、からだに細菌などの異物が、入ってきた時に炎症をおこしてそれを排除しようとする「免疫」というものがあります。
アレルギーとは、本来からだに有益である免疫炎症反応が、強烈に起きるため、生体に不利益な症状として出現する状態をいいます。花粉症や食物アレルギーなどは、花粉や食物を異物と認識して、排除しようとしているのです。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、かゆみを伴う湿疹が繰り返しおきる皮膚病です。その多くには、アレルギー体質が関与していますが、アレルギーの関与がはっきりしない人(20%程度)もいます。
アレルギーをおこす物質をアレルゲンといいますが、年齢によってアレルゲンは変化します。
乳児期から幼児期までは、アレルゲンは食物、特に卵、牛乳、小麦などが多く、年齢とともにこれらに対するアレルギーは少なくなっていきます。成人になるとハウスダスト、ヒョウヒダニ、ペット、花粉、かびなどに移行します。
治療においては、このアレルゲンをつきとめ、アレルゲンから回避することが重要になります。
ただアトピー性皮膚炎は、アレルギーのみでおきるわけではありません。アトピー性皮膚炎にできる皮膚病変は湿疹で、湿疹はそのほとんどが皮膚に外来刺激が加わり、その防衛反応による炎症が原因で起きる皮膚病と考えられています。

アトピー性皮膚炎の治療について

治療の基本は、スキンケア、かゆみのコントロール、アレルゲン除去と考えます。
スキンケアは夏は汗と汚れ、冬は乾燥に対して、季節に応じたきめ細かいスキンケアが必要です。入浴、保湿剤の使い方など直接アドバイスさせていただきます。
かゆみはもっともアトピー性皮膚炎を悪化させる原因です。かゆみのため、掻いたりこすったりすることで皮膚を傷つけ、アレルゲンや刺激が皮膚に侵入しやすくなります。そのためぬり薬だけでなく、かゆみや炎症を抑える抗アレルギー剤ののみ薬を使って掻破することを防ぎます。
アレルゲン除去は、本当に原因になっているアレルゲンのみ行います。食物アレルギーの場合は、のみ薬で腸から吸収されるアレルゲンをブロックすることもできます。

花粉症

植物の花粉が原因で、引き起こされるアレルギー症状をいいます。くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどのアレルギー性鼻炎や目のかゆみ、流涙などのアレルギー性結膜炎が最も多くみられます。まれに喘息やアトピー症状を併発することもあります。
花粉症の治療は、他の鼻や眼のアレルギーの治療と基本的には同じですが、急激に花粉にさらされたために起こることがある、急性の強い症状への配慮も必要となります。
症状に合わせて的確な治療をすることによって、7、8割の花粉症患者さんが副作用もなく、症状がほとんど出現せずに花粉飛散季節を過ごせることが分かっています。仕事などに合わせて、症状によっては眠くならない薬も開発されています。花粉飛散開始2週間ほど前より投与を始める治療法が一般的で、効果が高いことがわかっています。アレルギー治療は、原因物質を特定することと、薬や他の物質に対してのアレルギーがあるかどうか診断し、その程度によっての適切な治療方法を判断することが大切です。よって問診によるコミュニケーションが重要になります。

▲TOPに戻る
こやま皮膚科トップ医院紹介一般皮膚科アレルギー科
化粧品診療時間・地図

Copyright (C) 2006 こやま皮膚科 All Rights Reserved.

こやま皮膚科
和歌山県和歌山市匠町29小山ビル2階
TEL:073-431-1155

一般皮膚科、アレルギー、などに対応